今ホットな職業、保育士になろう

保育士に向いているのは、誰だと思いますか。ピアノがうまい人?歌がうまい人? 違います。もちろんそのような能力があったら最高ですが、最も必要なのは、子供が好きなこと、体力があることです。 どうですか。保育士という仕事ができる気がしてきましたか? それでは保育士になるためのステップについて紹介していきます。

子育て世代必見!保育士になろう

保育園落ちた、日本死ね。という言葉が一時世間の注目を集めたように、待機児童の人数の多さが問題になっています。国は、待機児童を減らすために、原因を調べ、対策を練っています。
その原因の一つに保育士全体の数が少ないことがあげられています。そこで、国は政策として待機児童を減らすために、保育士試験を年に一回から年に二回の実施にするなど、保育士を増やすための政策を実行しており、保育士になるためのハードルが以前と比べて低くなっています。

現在、保育士の有効求人倍率は高い水準にあり、1人に対して2件前後は常に募集がある状況です。共働き世帯が増えたことで、保育園の需要が高まっているためです。
少子化が叫ばれている今、もしかしたら将来子供が少なくなった時に保育士が供給過多になってしまうのではないかという不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、少子化だからこそ、一人にかけるお金が高くなり、その分フォローもきちんとしなければならなくなります。そのため、将来的に需要が少なくなる、ということはなさそうです。
事務職などが将来的にAIにとって代わられるだろう、と言われている中、保育士の仕事をAIに任せることが出来ません。
つまり、保育士が職に困ることはないだろう、ということです。
そんな魅力的な仕事に就くために、保育士資格の取得を目指してみませんか。

このサイトでは、保育士試験に受かるために知っておきたいことを載せています。

保育士になるためにはどんな勉強をすればいいの?

保育士試験、試験と聞くと難しい感じがしますね。どのような形式で、どのような問題が出題されるのか、といった問題の特徴を押さえることで、試験に受かるための能力や知識を身につけ、対策を練りましょう。そして、保育士資格を取得し、保育士になりましょう!

保育士試験には実技がある

保育士になるには、試験を受けるか、専門の学校に通うかの2パターンあります。 その中で、保育士試験の内容には、一般的に試験といえば想像がつくような筆記試験と、実は実技試験もあります。それではいったい実技試験とはどのようなことをするのか、どういった形式で行われるのかを紹介します。